白髪染めの選び方

髪の白髪になる原因は老化や生活習慣などによるメラニン生成不足であり、白髪染めはメラニン色素のなくなった白髪を表面や内側からきれいに染めることができます。

白髪染めってどうなってるの?

年を取れば自然と生えてくる白髪ですが、白髪の頭にするにはまだ早いかなとか、まだ白髪がまだらすぎて汚らしいという場合、今は便利に白髪染めをすることができます。

白髪染めは白髪をきれいに隠してくれますよね。

そんな白髪染めですが、白髪はどうしてなるのか、白髪染めをするのはどうしてでしょうか?そもそも髪はなぜ黒いのかといえば、髪の色はメラニンという褐色の色素が満遍なく点在しているから黒く見えます。

なぜ、髪だけにメラニン色素が点在しているのかといえば、降り注ぐ紫外線から頭皮を守っているのです。

日本人は黄色人種ですが、黄色人種はメラニン色素を必要な時にすぐに生成することができる人種で、皮膚がんなどが少ないのもそれが理由の一つです。

そんな髪に点在するメラニン色素ですが、毛母細胞の側に存在するメラノサイトというメラニンを生成する機能が老化やミネラル不足、生活習慣、遺伝などの原因によって生成ができなくなります。

元の髪というのは白いもので、そこにメラニンが生成され点在して黒髪にしていたので、結果白髪の発生となります。

この白髪の発生は人によって異なり、私たちの持っている印象だと、白髪=老化という固定観念がありますよね。

まだ若々しくありたいという人は、白髪染めを活用して、生成されなくなったメラニンの変わりに染料で髪を染めているのです。

髪の白髪になる原因は老化や生活習慣などによるメラニン生成不足であり、白髪染めはメラニン色素のなくなった白髪を表面や内側からきれいに染めることができます。

関連サイト…《白髪染めの真実はコチラhttp://www.forte-balance.com/